おすすめブラウザ比較

ウェブブラウザとは

インターネットに接続し、インターネット上のページを閲覧できるように表示してくれるツールです。
今、私のホームページを見ているのも、何らかのブラウザを使用して見ている状況かと思います。

「インターネットブラウザ」とか「ブラウザ」と呼ばれる場合もありますが、
基本的には「ブラウザ」と呼ぶことが多いでしょう。

本ページでは、おすすめのブラウザと私的使い方について紹介したいと思います。

ブラウザのシェア

現在2020年では「Google Chrome」が圧倒的シェアを占めています。

最新のシェア状況は、下記URLのページを参考にすると良いでしょう。

StatCounter Global Stats - Browser, OS, Search Engine including Mobile Usage Share

Google chrome

読み グーグルクローム
開発元 Google Inc.
対応OS Windows, macOS, Linux, Android, iOS
公式サイト https://www.google.co.jp/chrome/

Googleが開発しているウェブブラウザ

各サービスやブラウザゲームなどの推奨ブラウザの筆頭とされている場合があるので、
まずはメインブラウザとして使用して、使用感に慣れておくのが良いと思います。

Android端末の標準ブラウザがChromeであり、設定やブックマークが共有できるため、結局Chromeを使うことが一番便利。
そのため現在のシェアNo1になっていると考えられます。

同期機能の便利さ

Googleアカウントでログインすることで、他の端末とブックマーク、履歴、設定などを同期することができる。
これまでは別の端末にブックマークなどを移動させたり、設定をし直したりと大変でしたが、
ログインでスマートに共有ができるのでとても便利です。

シンプルなデザイン

画面がシンプルでウェブページを大きく表示できるため見やすい。
そのかわり、いろいろ表示させたいなら設定を変更したり、拡張機能を入れたりと工夫が必要。

拡張機能

アドオン(拡張機能)をインストールすることで、新しい機能を追加することができます。

私の場合は、「uBlock Origin」のみ導入しています。

Mozilla Firefox

読み モジラ・ファイアーフォックス
開発元 Mozilla
対応OS Windows, MacOS, Linux, iOS, Android
公式サイト https://www.mozilla.org/ja/firefox/

通常「Firefox」と呼ばれる。

同期、拡張機能など多くの機能はGoogleChromeと同様ですが、
私は「Firefox」をメインで使用しています。その主な理由を紹介します。

テーブルのコピー

テーブルの一部、例えば縦1列をコピーしたい場合、Ctrlキーを押しながらドラッグすると、
ドラッグした範囲のみ選択することができ、コピーも可能。
Chromeで実現するには拡張機能をインストールする必要がある。

サイドバー

標準でサイドバーにブックマークや履歴を表示させることができる。
これもChromeで実現するには拡張機能をインストールする必要がある。

ブックマークに関する操作

ブックマークを登録する際、現在表示しているページのタブをブックマークバーなどにドラッグすると簡単に登録できる。
ブックマーク同士の間に区切りを入れることができるため、見やすく管理できる。
Chromeも似た感じのことはできるが、私的に好みはFirefox。

inserted by FC2 system